いやだ。行きたくない。

今日は、停止・停止・減退だし。
初めから、変な勧誘されそうだって、解ってるし。
だいたい、何しにいくのかも、聞かされてないし。
腸 怪しい。

だけど、わたしは断れませんでした。

どうか、T田先生を、嫌いにならないで済む内容でいてください。

空気と一緒に
何かが抜けていく。


それが何かを考えてみたけど、
言葉にはならなかった。



天災なんて望まない。
生きたいと、願ってしまうから。

生に執着したくない。
いつ死んでしまっても、諦められる 場所にいたい。


自分が自分らしくいられる場所を探してたけど。
いつもの言葉
いつものにおい
いつのも思考回路
いつもの

自分の成長を望んでたけど。
心は折れたらブヨブヨになった。
それを優しいと人がゆうなら、そんな価値観くそまみれだ。

神経がすり減って
感じれない心に
あたしができることは
それだけだった。

毒素は絶えずわたしに注がれ
きずかぬうちに、蓄積される。
当たり前を当たり前になんて、先だって見えて仕方がない。







矛盾に、殺されそうだ。



念仏の様に、心で唱える…

「わずかにのこる そんげんのほうき」